FC2ブログ
フェイスリフト コンデンスリッチファット1 VASER脂肪吸引 VASER脂肪吸引 CRF症例4 CRF症例4

★71 27歳女性 もともとふくよかな状態からの 腹腰VASER+バストCRF

今回のモニター患者さまは27歳の女性です。

147cm57kg 未経産

身長に対して体重が結構あるタイプです。
行った手術は

腹腰(+肋骨縁)VASER
バストCRF

です。
※肋骨縁は脂肪が著しく多い場合の追加料金です(大体は+10万円)

01術前
術前
05術後半年
術後半年
もともとの体型的な要因でちょっと分かりづらいですが体の幅とバストの幅の関係を見るとかなり大きくなっています。
03術前a
術前
07術後半年
術後半年
こうやって見るとお腹もかなりスッキリとしているのです(;^ω^A
お腹周りの吸引危険限界量まで吸引しています。
こういうときは2回に分けて、背中の吸引もするべきだったか自問することもあります。
いずれにしろ内臓脂肪は吸引できないという事実ものしかかります。

バストはやはりかなり大きくなっています。

02術前
術前
06術後半年
術後半年
04術前
術前
08術後半年
術後半年

身長も低いので二の腕、ワキ前後、背中上下、なども追加で吸引すると更に良いとは思います。

04術前a
術前
09術後半年
術後半年



以下ダウンタイム
10術後1日目
術後1日目
11術後1週間
術後1週間




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

シンシアでバストの脂肪注入はベイザーとコンデンスリッチファット併用です。
更にアキーセルを使うことでより生着率の向上が期待できるようになりました。


○低出力・長時間ベイザーで脂肪吸引することによって脂肪細胞の活性を保ったまま、きめの細かいシコリになりづらい状態で脂肪を確保できる。

○ベイザーで吸引された脂肪はきめが細かい為、注入先で一つ一つの脂肪細胞がもともとあった組織や血流に触れることが可能になり生き残りやすい

○コンデンスリッチファットを使用することによって、注入に不要なボリュームを入れる必要がなくなるので注入部位の圧力が高くなりにくいので血流が保たれ生着率が上がる

などのメリットが大きいのです。加えて

○アキーセルは細かい前後運動により細い吸引管の小さな孔から脂肪を採取できるのでベイザーで分解しきれなかった脂肪も細かい状態で採取できる。

またシンシアのバスト脂肪注入は
脂肪吸引料金にオプション料金という形でいただいているので値段が明瞭です。

例えば・・・



腹腰部ベイザー脂肪吸引    800,000円
コンデンスリッチファット豊胸 +600,000円
麻酔               50,000円

アキーセル使用(オプション) +100,000円

※2019年10月時点予告なく価格は変更する場合があります。

脂肪吸引あっての脂肪注入です。吸引部位をより美しくするためにも考え抜かれた吸引範囲のベイザー・アキーセルがお勧めです。

あっちから少し、こっちから少し・・・は吸引部がキレイになりません。
基本的にオススメいたしません。




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

シンシアのCRFバストの専門ページはコチラ

http://www.cynthia-liposuction.jp/vaserlipo/crf.html

下半身太りなのにバストが小さいなどのお悩みはお気軽にシンシアにご相談ください
(o^-')b



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



コスメディカルクリニック シンシア
0355500567
東京都中央区銀座5-13-19-4F
http://www.cosmedical.jp/
info@cosmedical.jp





15449
関連記事
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事