フェイスリフト コンデンスリッチファット1 VASER脂肪吸引 VASER脂肪吸引 CRF症例4 CRF症例4

バストに皮膚の余裕がない21歳女性のCRF豊胸(大腿臀部膝ベイザー)1

今回のモニター患者様は21歳の女性です。
150m40㎏未経産

大腿臀部膝周りのベイザー脂肪吸引とコンデンスリッチファット豊胸
を行っています。

01術前 術前
術前の触診では皮膚に全く余裕がないタイプでした。
またつまんだときにもふわっともち上がる感じが無く、肉付きの良い男性に近いさわり心地です。
このような場合、バッグインプラントでもキレイに仕上がるのは皮膚や組織が伸びてくるのに必要な1年以上かかることもざらです。
つまり脂肪注入でもかなり難しいタイプの体型、体質といえます。

06術後3か月術後3か月
どれくらい生着してくれるのか正直なところ心配した症例でしたが、しっかりと大きくなってくれました
(;^ω^A
02術前術前
07術後3か月術後半年
03術前術前
08術後3か月術後3か月
バストに高さが出ていますね(≡^∇^≡)



以下ダウンタイム
DSC03855.jpg 術後1日目
もともと皮膚に余裕がないので本当にパツンと張った感じです。
触った感じであまりに固いということは移植部位の圧が高まり移植細胞に悪影響を与えているということです。
なので手術の際には翌日の腫れを想定した脂肪量を入れることになります。
ただし、今回の様にバストへの移植条件が悪い時にはどうしてもパンと張った感じになるので、数多くの移植経験で決めた量とはいえ祈りながらの経過観察になります。

DSC04140.jpg 術後1週間
落ち着き始めるころです。


※注意※
最近、某有名美容外科でコンデンスリッチファット豊胸を行う際にコンデンスリッチファット用のシリンジを使っていないのに(正確には使わなくなった)、コンデンスリッチファットを名乗っているという情報が回っています。
そのような行為を行っている美容外科の先生は直ちにそのようなことは止めるようにしてください。




シンシアでバストの脂肪注入はベイザーとコンデンスリッチファット併用です。


○低出力・長時間ベイザーで脂肪吸引することによって脂肪細胞の活性を保ったまま、きめの細かいシコリになりづらい状態で脂肪を確保できる。
○ベイザーで吸引された脂肪はきめが細かい為、注入先で一つ一つの脂肪細胞がもともとあった組織や血流に触れることが可能になり生き残りやすい
○コンデンスリッチファットを使用することによって、注入に不要なボリュームを入れる必要がなくなるので注入部位の圧力が高くなりにくいので血流が保たれ生着率が上がる
などのメリットが大きいのです。


またシンシアのバスト脂肪注入は

脂肪吸引料金にオプション料金という形でいただいているので値段が明瞭です。

ベイザー脂肪をコンデンスリッチファットにした場合 +630000円

脂肪吸引あっての脂肪注入です。吸引部位をより美しくするためにもベイザーがお勧めです。



【注意】バスト脂肪注入の値段“だけ”表示されている場合は思わぬ値段になりがちです。

(((゜д゜;)))

よくある“3か所までの脂肪吸引を含む”では脂肪量が不足していることが多いのです。
また中途半端に3か所だけ吸引しても吸引部位が美しく仕上がらないことも良くありシンシアに相談する方もかなりいらっしゃいます。

バストのコンデンスリッチファット(CRF)は愚直なまでに結果を追求するための手術を行っているシンシアにお任せください

(o^-')b


モニター割引もあります(≡^∇^≡)


コスメディカルクリニック シンシア
0355500567
東京都中央区銀座5-13-19-4F
http://www.cosmedical.jp/
info@cosmediacl.jp


8771

関連記事
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事