フェイスリフト コンデンスリッチファット1 VASER脂肪吸引 VASER脂肪吸引 CRF症例4 CRF症例4

39歳女性バッグインプラント除去後CRF豊胸4 1年後まで

39歳女性バッグインプラント除去後CRF豊胸にて“揺れる”を実感 1
39歳女性バッグインプラント除去後CRF豊胸にて“揺れる”を実感 2
39歳女性バッグインプラント除去後CRF豊胸にて“揺れる”を実感 3
の続きですので是非そちらも合わせてご覧ください(^-^)/
今回の記事はCRF豊胸後1年のお写真のご紹介です。

01バッグインプラントバッグインプラント除去前
04術前バッグインプラント除去後
13術後1年CRF豊胸1年後
02バッグインプラントバッグインプラント除去前
05術前バッグインプラント除去後
14術後1年CRF豊胸後1年
03バッグインプラントバッグインプラント除去前
06術前バッグインプラント除去後
15術後1年コンデンスリッチファット豊胸1年後

シンシアではバッグインプラントが入っている患者様は、基本的に抜去して状態が落ち着いてからコンデンスリッチファットを行うことにしています。
患者様としては同時手術の方がバストが小さい期間が少ないなどの理由で同時手術をしてくれるクリニックに流れたりしますが、
同時手術は明らかに成績が悪い
ので、何度も脂肪注入できる体型の方ならともかくシンシアではおススメしていません。

○バッグが入っていたカプセル内に入った脂肪は全滅、かつ感染の原因に
○バッグにアプローチするために剥離した部分に注入された脂肪はそのままカプセルの中に・・・
○バッグをとるというだけで炎症が起こります(バッグインプラント除去後3日目のバストに注入する気になりますか?)
○バッグをとるだけでワキの場合は出血から血腫のリスクがあります。
○バッグが入っていると術前のバストのボリュームなどの状態が把握できません
○バッグが入っているとインプラントによる肋骨の変形などを見抜くことはできません

などのリスクを十分に回避できる医師は世界中どこにもいません。
ぱっと、考えただけでもこれだけのリスクがあるのに1期的な手術をすすめる理由はなんでしょう。
答えは簡単です。患者様に逃げられないこと。
もっと言えばお金です。

最高を求めてベイザー、コンデンスリッチ豊胸をするのなら、患者様が逃げるリスクを負ってでも信念を持って2期的手術をすすめる医師を選ぶべきです。


脂肪注入による豊胸はバッグインプラントの様に決まった結果に必ずなるというものと違い、とてもとても繊細なものです。同じ実力の医師が同じようにやっても患者様の状態によって結果が良い時もあればほどほどの事もあるのです。
だからこそ、
○手段を最高に(ベイザー+コンデンスリッチファット)
○手術を丁寧に(1日1件にとどめ納得いくまで丁寧に手術を行う)
○患者様の状態を最高に(バッグインプラント除去後同時手術は避けるなど)

など、医師は高い意識を持って望まなくてはならないと思うのです。

シンシアでは他院でベイザー+コンデンスリッチファットを受けた術後患者様が多いです。
それらのクリニックが取り残した脂肪を吸引して、それではるかに上の結果がでてしまう。
それなら最初からシンシアに来ていれば満足するまでのコストも半分以下で済むのに・・・
と患者様はよくおっしゃるし僕もそう思います。
(;^ω^A

コンデンスリッチファットで結果の出るクリニックをお探しの方は是非一度シンシアにご相談ください。

コスメディカルクリニック シンシア
0355500567
東京都中央区銀座5-13-19-4F
http://www.cosmedical.jp/
info@cosmediacl.jp
関連記事
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事