FC2ブログ
フェイスリフト コンデンスリッチファット1 VASER脂肪吸引 VASER脂肪吸引 CRF症例4 CRF症例4

【1年4ヶ月後】☆31 他院腹・臀部脂肪吸引バスト脂肪注入後、ベイザー脂肪吸引+CRFバスト 2

他院腹・臀部脂肪吸引バスト脂肪注入後、ベイザー腹部・大腿前内側・腹部たるみとり+CRFバスト(アメブロ 吸引部位)
の続きです。

この記事ではCRFバスト1年4か月のご報告です。
今回のモニター患者様は35歳の女性です。
151㎝47㎏2人経産 1回帝王切開をしています。
10年前に某大手美容外科で腹部と臀部から脂肪吸引してバストに脂肪注入をしていますが注入部位も吸引部位もあまり変わらなかったということでした
(´・ω・`)
シンシアでは
腹部+太もも前・内側ベイザー脂肪吸引+腹部たるみとり
コンデンスリッチファット豊胸
を行っています。
脂肪吸引部位やダウンタイムの様子は上記リンク先をご覧ください(^-^)/


01術前 術前
10術後1年4ヶ月 術後1年4ヶ月
大幅に大きくなりました(*^^*)
シコリなどもありません。

02術前 術前
12術後1年4ヶ月 術後1年4ヶ月
バッグインプラント級の変化ですがバッグインプラントの場合は触り心地や経年変化、痛みなど悩みがあることもあるので、
自然で術後の悩みが殆どないベイザー+CRFの組み合わせは本当に素晴らしいと思います
(≡^∇^≡)
03術前 術前
11術後1年4ヶ月 術後1年4ヶ月



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


シンシアでバストの脂肪注入はベイザーとコンデンスリッチファット(あるいはピュアグラフト)併用です。


○低出力・長時間ベイザーで脂肪吸引することによって脂肪細胞の活性を保ったまま、きめの細かいシコリになりづらい状態で脂肪を確保できる。
○ベイザーで吸引された脂肪はきめが細かい為、注入先で一つ一つの脂肪細胞がもともとあった組織や血流に触れることが可能になり生き残りやすい
○コンデンスリッチファット・ピュアグラフトを使用することによって、注入に不要なボリュームを入れる必要がなくなるので注入部位の圧力が高くなりにくいので血流が保たれ生着率が上がる

などのメリットが大きいのです。


またシンシアのバスト脂肪注入は

脂肪吸引料金にオプション料金という形でいただいているので値段が明瞭です。

ベイザー脂肪をコンデンスリッチファットあるいはピュアグラフトにした場合 +648000円


例)大腿臀部膝周りベイザー  900000円

  CRF豊胸         600000円

  麻酔           50000円    計1,550,000円

                



脂肪吸引あっての脂肪注入です。吸引部位をより美しくするためにもベイザーがお勧めです。



【注意】バスト脂肪注入の値段“だけ”表示されている場合は思わぬ値段になりがちです。

(((゜д゜;)))

よくある“3か所までの脂肪吸引を含む”では脂肪量が不足していることが多いのです。
また中途半端に3か所だけ吸引しても吸引部位が美しく仕上がらないことも良くありシンシアに相談する方もかなりいらっしゃいます。

バストのコンデンスリッチファット(CRF)は愚直なまでに結果を追求するための手術を行っているシンシアにお任せください

(o^-')b


モニター割引もあります(≡^∇^≡) 


コスメディカルクリニック シンシア
0355500567
東京都中央区銀座5-13-19-4F
http://www.cosmedical.jp/
info@cosmediacl.jp

















9521

関連記事
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事